全員の事業拡大を目指すビジネス朝食会 BNI Be Beeチャプター

Blog ブログ

6月21日(火)定例会
2016.06.26

本格的な梅雨はこれからでしょうか?朝7時から目黒雅叙園にて、元気に定例会を開催いたしました。
今回は不動産コンサルタントカテゴリーの桜井さんを新メンバーとしてお迎えし、また多くのビジターさんにもお越し頂きました。これから、より多くのお仕事が紹介し合える期待感が感じられました。

今週は、弁護士の五十部さんが福岡支店を新たに設立される際、オフィス仲介の越智さんに様々な物件をご提案いただけたようで、支社設立もスムーズに進んでいるそうです。もちろん、BNIに参加してから五十部さんの売り上げも上がっています!

そして本日のメインプレゼンは、大蔵流狂言師の善竹富太郎さんでした。
狂言は室町時代から650年続く、お笑いの演劇です。その中でも大蔵流という流儀で彼の曾祖父である善竹彌五郎氏は、狂言会で初の人間国宝となられた人物です。
中でも善竹富太郎さんは東京を本拠とする、善竹十郎氏の長男。5歳にて「靱猿」子猿役にて初舞台、24歳で「釣狐」を披らかれました。「釣狐」は狂言の中でも最も難しいと言われている演目で、公演を楽しみにしている方も数多くいらっしゃいます。
善竹さんはユーモアにも優れ語学も堪能で、公演終了後にお客様をお見送りするなど、お心使いも素晴らしい方です。日本の伝統芸能である「狂言」に馴染みがない方もおられるかも知れませんが、そんな方には、善竹さんの解説トーク付きの「狂言道場」がお勧めです。年に数回渋谷セルリアンタワー能楽堂にて開催されています。料金もお手頃とのことです。
また、本格的な狂言を楽しまれたい方は12月に千駄ヶ谷の国立能楽堂にて開催される、「善竹狂言会」をご鑑賞されてはいかがでしょうか。大変見ごたえのある内容となっております。
善竹さんは国立能楽堂で30日間、公演することが夢だとお話されています。
現代はグローバル社会です。もし外国の方に日本の伝統芸能について聞かれても恥じぬよう、誇りをもっていただければと思います。
これを機会に能楽堂まで、足を運んでみてはいかがでしょうか?

大蔵流狂言師
善竹 富太郎
http://goodbamboo.net/